芝刈りで農業を成功させる|美味しい農作物の秘訣

柿の木について

柿の木について

 柿とはカキノキ科の落葉樹で、東アジアの固有種としても知られていて、特に長江流域に多く自生しているとされています。柿の木は雌雄同株なので、季節になると自然と花を咲かせて、花の季節が終わったらオレンジ色の果実を実らせます。  柿は私達の生活にとても役立つ樹木としても有名で、幹は家具等の材料に使えますし、葉を加工してお茶として楽しむ事も出来ます。  また、柿の一番の特徴としては果実があるのですが、この果実は秋頃に実り食用として活用する事が出来ます。基本的にはそのまま食べる場合が多いのですが、渋みが強い渋柿は干す事で甘くなるので、干して保存食として楽しむ事もあります。加えて、柿の果実には多くのタンニンが含まれているので、これを加工して柿渋を作り防腐剤に利用する事もあります。

 前述したように、柿は私達の生活に有効な働きをしてくれる樹木なので、自宅に植えている人も少なくないです。庭木の一つとして単純に鑑賞して楽しむのも良いですし、秋に果実の甘さを堪能するのも楽しみの一つだと言えます。  ただ、柿の木は大きく成長していく樹木なので、定期的に剪定を行なって適度な大きさを保つ必要があります。  柿の木の剪定方法についてですが、まずは柿の木の剪定に適している時期は12〜2月頃が最も良いとされています。  柿の木の剪定のポイントとしては、不要な枝を切って幹にも光が当たり、全体の風遠しが良くなるようにする事があります。ただ、柿の木は枝の先端に近い部分に新芽を付けるので、柿の木の剪定時にこの部分を残すようにする事が大切です。