芝刈りで農業を成功させる|美味しい農作物の秘訣

含まれる効果

ブルーベリーについて

 ブルーベリーとはツツジ科の落葉低木果樹の事で、北アメリカを主な産地とする植物として知られています。ただ、元々は北アメリカではなく、南アメリカに元になる植物があり、それが進化して現在のような形になりました。ちなみに、北アメリカにはカリブ海諸島を経由して運ばれたと言われていて、その過程の中で進化が進んだと考えられています。  ブルーベリーは成長すると高さが1.5〜3メートル程度になり、春になると釣鐘状の白い小さな花を咲かせるようになります。そしてこの花の季節が終わると、青紫色をした丸くて小さな果実が実るのですが、この果実は甘酸っぱく食用として人気があります。そのまま食べて果実そのものの味を楽しむ事も出来ますし、ジャム等に加工して楽しむ事も出来る便利な果実です。

 前述したようにブルーベリーの果実は、食用として世界中でとても人気があり、勿論それは日本においても同様です。この人気の高さから、自分の庭で栽培をして楽しみたいと考える人も少なくなく、実際に栽培にチャレンジしている人もいます。  ただ、ブルーベリーの栽培を長く楽しむためには、きちんとした管理をしていく事が大切で、その一つに剪定という作業があります。  ブルーベリーの剪定を行なう理由としては、風通しを良くする事が一番の目的で、これによって翌年も花芽を付けてくれるのです。  ブルーベリーの剪定を行なう時期は、夏と冬の年二回行なうのが理想的なので、この時期を逃さない事が重要です。上記したように剪定の目的は風通しを良くする事なので、枝がまとまりやすい中心部を主に剪定していくのがポイントになります。